乳児湿疹は敏感肌質に多い症状|できることから改善して行こう

親子

湿疹になりやすい

幼児

赤ちゃんにできやすもの

赤ちゃんにできやすいのものが湿疹であります。特に乳児は湿疹ができやすいのが特徴であります。これを乳児湿疹といいます。乳児湿疹には様々な種類があるのでしっかりと把握しておくことが良いとされます。湿疹がでたからといって焦って、市販の薬を塗ったりすることも良くない場合があるのでまずは乳児湿疹について理解しておくことが良いとされます。乳児は大人と違って肌のバリアが弱く、抵抗力も少ないので非常に敏感です。そのためすぐに湿疹ができやすいです。長い乳児であると2歳くらいまで続くといわれているので、湿疹ができたからといって心配しすぎるのは良くないでしょう。

種類

乳児湿疹の中でも、出やすいのが新生児ニキビであります。新生児ニキビは生後1週間あたりから発生するといわれています。原因は主に女性ホルモンの影響であり、皮脂が多い乳児は特にできやすいと言われています。ケアとしてはベビー用のボディーソープでしっかりと洗ってあげることが良いとされます。洗うことによって自然と消えていきます。また同じように女性ホルモンが原因の湿疹として乳児脂漏性湿疹があります。この湿疹は皮脂が溜り白くなってできる湿疹であります。こちらの対処法もしっかりと洗ってあげることが良いとされます。それから、夏場になりやすいのがあせもであります。あせもは、汗をかくことでできる湿疹であり、かぶれたりすることもあるので注意が必要です。こまめに着替えさせることが良いとされます。そして、通気性の良い肌着を選択することも大切です。

乾きを潤すために

ファミリー

赤ちゃんの離乳食やミルクを作る時に、使用する水にもこだわることは大切です。そんな時に良いものを探しているのならば、赤ちゃん専用の水を選んでみると、より安心して子育てに専念することができるためオススメです。

» 詳細を読む

安心のウォーターサーバー

赤ん坊

新生児期の赤ちゃんを粉ミルクで育てる家庭では、品質に安心感を抱けるミネラルウォーターから熱湯と冷水の両方をすぐに注ぐことができるウォーターサーバーは粉ミルクの調合にかかる時間を短縮してくれますのでとても便利です。しかし、衛生面の安全を保つ上で、定期的な注ぎ口などの洗浄を行うことが大切です。

» 詳細を読む

体に優しいウォーター

家族

刺激に弱い赤ちゃんの体はとてもデリケートな体質なので、水を与える時は慎重に見極める必要があります。赤ちゃんがいる家庭ではウォーターサーバーの利用が便利であり、24時間365日好きな時に必要な量だけを利用できます。

» 詳細を読む

Copyright© 2016 乳児湿疹は敏感肌質に多い症状|できることから改善して行こう All Rights Reserved.